【EZバー】腕を太くするのにおすすめな筋トレ器具とトレーニング法!

 

どうも、OZ(オズ)です!

 

日に日に暖かくなり、
油断しているとあっという間に夏がやってくる。

 

とうとうそんな時期になってきました。

 

これまでトレーニングを
しっかりと継続されてきた方は

 

その成果を存分に披露し、
夏をとことん満喫してくださいね。

 

その一方で…

 

今日この日まで、
トレーニングを継続することができずに
ダラダラと過ごしてしまったあなた。

 

でも大丈夫です!!
今からでも夏までに十分間に合います。

 

今日からトレーニングに取り組むことで、
分厚い胸板・太く逞しい腕・割れた腹筋
広い背中・そして引き締まったお尻
など

 

まだまだ、
これらは間違いなく手に入れることができます。

 

そこで本日の記事では、

 

先ず【夏までに逞しい腕を手に入れる】
効果的なトレーニング方法として、

 

EZバーを使用したエクササイズを
ご紹介いたします。

 

それでは、
早速いってみましょう!


腕を効果的に鍛えるのにオススメな筋トレ器具【EZバー】


夏までに太く逞しい腕を手に入れる為
是非とも手に入れて欲しい筋トレ器具の一つ

 

EZバー

 

【関連記事】

自宅トレでも使える!絶対に手に入れて欲しいおすすめ筋トレ器具!

【Wシャフト】自宅トレにおすすめな筋トレ器具PART2

 

このEZバーはストレートバーに比べて、
手首に負担が掛からないように形成されており

 

力こぶ(上腕二頭筋)
ダイレクトに刺激することができる
優れた筋トレ器具です。

 

また、緩やかな曲線を描くその形状から
持ち方・使い方次第で複数のトレーニングを
行うことができるようになっています。

 

これは私が実際に使用している
EZバーになります。

 

 【 BODYMAKER ボディメーカー 】のもので、
価格はバーのみで5000円ぐらいだったと思います。

DSC_0002

ストレートバーやWシャフトとはまた違った形状です。

DSC_0003

結構大きいのでスペースは意外と必要です。

DSC_0004

中国製なので若干左右にズレがあります。
※強度には全く問題ありません。

DSC_0082

ストッパーも付属で付いてきます。

DSC_0083

 

よくWシャフトとEZバーは何が違うの?
ということを聞かれますが、

 

個人的には、
そんなに大きくは変わらないと思っています。

 

ですが、
細かい部分で言うと

 

EZバーの方がいろんな角度・握り方で
カールなどのエクササイズを行うことが
できるように感じます。

 

腕のトレーニングに関していえば、

 

Wシャフトは、
アームカールとリバースカール

 

この2つの動きしか基本的にはできません。

 

一方、EZバーであれば
アームカールとリバースカールにプラスして
ハンマーカール
に近い動きも可能になります。

 

※以下がそれぞれの握り方になります。

 

アームカールの握り方
DSC_0091

リバースカールの握り方
DSC_0092

ハンマーカールの握り方
DSC_0084

 

でも、リバースカール
Wシャフトの方が正直やりやすいです。

 

もし、
Wシャフトか、EZバーを買うかで
迷っているのであれば

 

価格の安い方、もしくは
ダンベルを持っているのであればWシャフト
ダンベルを持っていないのであればEZバー

 

これらを購入する判断材料として
考えるのがいいかと思います。

 

これはあくまで個人的な意見ですが、

 

腕を重点的に鍛えるのであれば、
EZバーの方がいいかもしれません。

 

私は2つとも購入しましたが、
正直WシャフトとEZバー2つは
必要ないですね。

 

2つ買うなら、
ストレートバーとWシャフトorEZバー
この組み合わせがやっぱりいいと思います。

 

少し話がそれましたが、

 

ここからはEZバーを使用した
効果的なトレーニング方法を
ご紹介していきますね!


今からでも間に合う!夏までに太く逞しい腕を手に入れる効果的な筋トレ法!


muscle-fiber-training-1102650-TwoByOne

先ほどの少し触れたように、
EZバーは腕を重点的に鍛えるのに
とても優れた筋トレ器具だと言えます。

 

そんなEZバーを使用して行うトレーニングは
主に以下の3つになります。

 

・バーベルカール

・リバースカール

・ハンマーカール

 

王道であり、非常にシンプルな
トレーニングメニューになりますが、

 

王道ゆえに高い効果も期待できます。

 

バーベルカール・リバースカール、
そしてハンマーカール

 

これらは当サイトでも
よくご紹介させていただいている
トレーニングメニューになります。

 

もし、
やり方がよくわからないという方が
いらっしゃいましたら

 

バーベルカール・リバースカールに関する
取り組み方や注意点・ポイントについては

 

こちらの記事を是非参考にしてください↓

【Wシャフト】自宅トレにおすすめな筋トレ器具PART2

 

 

そして、
ハンマーカールと+aで腕を効果的に
太くするトレーニング方法については

 

こちらの記事を是非ご覧ください↓

前腕を太くする筋トレ方法とプラスαなトレーニング!

 


【ボディビルダー直伝】腕を効果的に太くする為のトレーニング術とは??


 

Arnold7-1-960x450

 

腕を太くする(筋肥大させる)為に
重要なのは量よりも質だと考えています。

 

※あくまで見た目だけの話です。
瞬発力やパワー、スピードはまた別です。

 

私が腕を太くする為の
トレーニング方法として推薦するのは

 

重量を上げるごとに、
持ち上げる回数を減らしていく方法です。

 

どういうことかというと、
今回の腕を太くするトレーニングでは

 

バーベルカール・リバースカール
ハンマーカールの3つがあります。

 

この3種類のエクササイズを
それぞれ3~5セット行います。

 

今回は4セットを目安に設定します。

 

【バーベルカール】

 

・1セット目(25kg)
12~15回上げるのが限界な重さに設定します。

 

・2セット目(30kg)
次に8~10回上げるのが限界な重さを設定。

 

・3セット目(35kg)
次に5~7回上げるのが限界の重さを設定。

 

・4セット目(40kg)
最後に2~4回上げるのが限界の重さに設定。

 

このように重さを上げるごとに回数を
どんどん減らしていきます。

 

また、次のセットを行うまでの
インターバルは1分以内で設定してください。

 

これを、
リバースカール、ハンマーカールでも
同じように行います。

 

この4セットを1回として、
各エクササイズそれぞれ1回ずつ
取り組めば十分だと思います。

 

先ずはこの方法で、
バーベルカール・リバースカール
ハンマーカールに取り組んでみてください。

 

今回のエクササイズにチャレンジすることで、
きっと逞しい上腕(力こぶ)と+aで筋張った前腕も
セットで手に入れることはできるはずです。

 

夏までもう少しですが、
まだまだあきらめる必要はありません。

 

誰もが憧れるカッコいい体を
必ず手に入れましょうね!

 

それでは、
長くなりましたが以上です。

 

本日も
最後までお読み頂き有難う御座います。

 

疑問点やもっと詳しく知りたい部分、
オススメの食事やトレーニング法など

 

気になることがありましたら
トップページの【コンタクト】
よりお気軽にご連絡ください。

 

アドバイスさせていただきます。

 

p.s.

是非一度読んで頂きたい、
こちらのページの⇒はじめに

 

このサイトの目的、
趣旨について書かせていただいてます。

 

初めてこのサイトを知ったという方は一度、
目を通しておいて頂けると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る