【牛肉を使ったプロテイン】ビーフプロテインの効果とは!?

 

どうもOZ(オズ)です!

 

以前、当サイトで
プロテイン食事について
お話しさせていただきました。

 

関連記事

【筋トレとプロテイン】実際の効果と必要性。おすすめは?

【筋トレよりも食事が大事!?】高タンパクで低カロリーなおすすめ食材

 

 

今回もプロテインについて


それもビーフプロテインという
普段あまり馴染みのない種類の
プロテインについてお話ししていきます。

 

それでは、
早速行ってみましょう!

 


”プロテイン”その種類について!


workout

 

ご存知かとは思いますが、
そもそもプロテインには
原材料の違う複数の種類が存在します。

 

一般的に普及されている
プロテインは以下の4つ、

 

・ホエイプロテイン

・カゼインプロテイン

・ソイプロテイン

そしてビーフプロテイン

 

これらに分類されます。

 

 

それぞれの特徴について、
簡単に説明していきます。

 

 

・ホエイプロテイン

 

まずこのホエイプロテインは
牛乳を原材料とした
乳性タンパク質になります。

 

このホエイプロテインが
最もスタンダードなもので
多くの人に愛用されている
種類のプロテインだと言えます。

 

主な特徴としては、

・吸収が早い

・BCAA(必須アミノ酸)を多く含む

・タンパク質料が多い

などが上げられます。

 

さらに、
ホエイプロテインの中でも
いくつかの種類が存在するのですが、

 

それについては、
また別の記事で
詳しく説明させていただきますね。

 

 

カゼインプロテイン

 

このカゼインプロテインも
原材料はホエイプロテインと
同じく牛乳になります。

 

特徴としては、

・吸収がゆっくり

・長時間栄養補給が出来る

・値段が安い

などの点が上げられます。

 

吸収がゆっくりというのは、
もしかしたらマイナスに
感じるかもしれませんが、

 

これからもっと本格的に
トレーニングを重ねていくと、

 

たんぱく質を摂取する
タイミングなども
非常に重要になってきます。

 

プロテインも、
吸収速度の速いものと
吸収速度の遅い
ものを

 

摂取する時間帯などを
うまく使い分けることで
筋肉の成長スピードを
高めてくれます。

 

実際、
現在販売されている
プロテインの中には、

 

吸収速度の異なる種類である
ホエイカゼインをMIXした
混合プロテインなども
販売されいています。

 

この混合プロテインは、
今一番勢いのあるといっても
過言ではありません。

 

 

・ソイプロテイン

 

このソイプロテインは
その名の通り大豆を原材料とした
植物性たんぱく質になります。

 

特徴としては、

・乳製品でお腹を壊しやすい方でも比較的大丈夫

・イソフラボンが多く含まれている

・ベジタリアンの方でもOK

などがあげられます!

 

 

ソイプロテインは、
ホエイなど他のプロテインに比べ
タンパク質の含有量は劣りますが

 

体を健康に保つ上で貴重な
イソフラボンが多く含まれており
老化防止や血液促進などの効果が期待で来ます。

 

ソイプロテインは、
積極的にトレーニングをされている
モデル女優さん女性アスリートなどに
愛用されていることが多いですね。

 

 

そして、次はお待ちかねの
ビーフプロテインについてです!

 

珍しい名前のこのプロテイン、
効果も素晴らしいものなんですよ!

 


“ビーフプロテイン”そのポテンシャルは?!


ビーフプロテイン

 

名前からも予想がつくように、
牛肉を原材料とした
動物性のタンパク質です。

 

先ほど紹介した、
ホエイなども動物性に含まれます。

 

このビーフプロテインは、
他のプロテインよりも

 

筋肉を強く大きくする

 

という部分に特化しており、

筋肥大にとても効果的なんです。

 

主な特徴として、

・一回分の摂取量で
ステーキの約20倍もの
クレアチンを配合。

 

・一般的なプロテインや
サプリメントなどよりも
遥かに高いアミノ酸レベル

 

・脂肪、コレステロールともに0%

 

・牛肉が材料の為、ビタミンB群が豊富

 

・ホエイプロテインよりも
栄養素が濃縮されている

 

などなど、
よくわからないぐらいに
栄養素が豊富に含まれています。

 

特に優れているのは、
ステーキの約20倍もの
クレアチンが配合されている
という部分です

 

そもそも
クレアチン
何かといいますと、

 

筋肉の能力を引き出すのに
とても効果がある栄養素

 

と考えたら
分かりやすいかと思います。

 

実際、
筋力の持続力が上がり
発揮出来る力も上がります。

 

そして、
筋肉が大きくなる
手助けもしてくれます。

 

まさに、
身体を作っていく上で、
摂取しないのはもったいない
魔法のようなサプリメントですね。

 

 

ちなみにこのクレアチン、
トレーニングをされてる方に
推奨する一日の摂取量は5gです。

 

これ実は、
食事で補おうとすると
かなり大変なんです。

 

どのくらい大変かというと、

 

牛肉を約1kg食べないと
5gのクレアチンは摂取出来ません。

 

これは、いくら食欲があっても
毎日は続けられないですよね。

 

お金もかかりますし。。。

 

 

また、
クレアチンは
単体で摂取していても、

 

直接筋肉を作る
材料にはならないので

 

なるべくプロテインと
合わせて摂取することを
勧めています。

 

もしくは
クレアチン摂取後に、
十分な栄養補給を行いましょう。

 

ただ、
クレアチン単体だと
飲み方が少し難しいです。

 

その理由は、
とにかく溶けにくいんです!

 

十分に溶けてないまま
飲んだり、直接口に流し込むことも
できるので、

 

慣れてくれば、
気にならなくはなりますが、

 

内蔵にも負担がかかるので、
個人的にはおすすめ出来ません。

 

その為、プロテインに混ぜて
一緒に飲むという方法が
一番向いているかと思います。

 

 

それを元々兼ね備えている
ビーフプロテインは、

 

手間や費用の面から、
考えてもとても素晴らしい
プロテインだといえますね。

 

 

次に特出しているは、
脂肪、コレステロールが0%
という点です。

 

これは、日頃から食事に
気を使っている方などには
とても嬉しいことだと思います。

 

例えば、ボディービルや、
最近知名度が上がってきた
ベストボディやフィジークのような、

 

見せる美しい筋肉を創る為には
ある意味、脂肪やコレステロールは
憎むべき存在だともいえます。

 

もちろん身体を大きくする為に
一時的に脂肪を蓄えることは
ありますが、

 

できるだけ脂質を抑えながら
体を大きくしていくのが
理想的ではあります。

 

なので、

 

腹筋を割りたい!

カットが入った肉体を手に入れたい!

 

と思いトレーニングを始める方にも

このビーフプロテインはおすすめです。


味や匂いは大丈夫?実際に使用してみた感想は?


私自身、
これまでホエイ・カゼイン・混合・
ソイ、そしてビーフプロテインと

 

様々なプロテインを試してきましたが、
どれも素晴らしいものが多かったです。

 

以前にも触れたように、

 

プロテインは、
価格などを考慮し
自分に合ったものを選ぶのが一番です。

 

その中でもビーフプロテイン
最近、徐々に知られてきたとは言え

 

まだまだ日本で馴染みが無く
認知度も取り扱っているお店も
殆どないのが現状です。

 

しかし、
アメリカなどでは、
ビーフプロテインは
すでに浸透しており、

 

多くのトレーニーに愛用されています。

 

実際、
海外のサプリメントショップには
ほぼ間違いなく取り扱いがあります。

 

こういう時に
「日本には、まだまだ
身体を鍛える文化が

浸透していないんだ」
と痛感します。

 

私が、
ビーフプロテインを実際に知ったのは
何年か前にアメリカに行った時でした。

 

いつも寄っていた
サプリメントショップの
店員さんにお勧めされたのが
出会いでした。

 

それからは
同じものをネットで
購入していますが、

 

ビーフプロテイン自体に
そんなに種類が無いので、

 

私と同じものを
買われる方も多いと思います。

 

現在は、
実験的にプロテインを
摂取していませんが、

 

これが私が普段
使用しているビーフプロテイン

 

MuscleMeds(マッスルメッズ)社
CARNIVOR(カルニボア)
というプロテイン
です。

IMG_0952

IMG_0953

IMG_0954

 

味は店員さんのおすすめだった
チョコレート味にしましたが、

 

フルーツパンチ味も
エナジードリンクのような味で
飲みやすいそうですよ!

 

ちなみにチョコレート味は
かなり飲みやすいです。

 

豆乳や牛乳などで割ると
甘くなりすぎてしまうので

 

個人的には、
水で飲むことをおすすめします。

 

牛肉が材料ということで
臭みがないか心配でしたが、

 

そこの部分は、
全く問題ありませんでした。

 

開封時に少し匂いは感じましたが、
実際に飲んでみると、
全然気にならない程度でした。

 

また、
シェイカーで軽く振るだけで
ダマにもならずにすぐに溶けたので
そこの部分も安心しました。

 

価格帯ですが、
現地で購入した時は、
¥3000〜¥4000程でしたが、

 

ネットでは¥8000〜といった具合です。

 

海外でプロテインを買った方が
値段は3分の1程で済みますが、

 

現状では日本で個人輸入のお店で買うか
ネットで手に入れるしかありません。

 

価格は多少張りますが、
それだけの価値はあると思うので、

 

今の自分よりもプラスαで
更なる高みを目指すのであれば
ビーフプロテインはお勧めです。

 

気になる方は、
是非一度試してみてください!

 

それでは、
本日も最後までお読み頂き有難う御座います。

 

疑問点やもっと詳しく知りたい部分、
気になることがありましたら

 

トップページの【コンタクト】
よりお気軽にご連絡ください。

 

別途でアドバイスさせていただきます。

 

p.s.

是非一度読んで頂きたい、
こちらのページの⇒はじめに


このサイトの目的、
趣旨について書かせていただいてます。

 

初めてこのサイトを知ったという方は一度、
目を通しておいて頂けると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る