【喫煙とトレーニングの関係性】たばこが身体に及ぼす影響とは?

 

どうも、OZです!

 

いきなりですが、
今この記事を読んでいる
あなたは喫煙者ですか?

 

2015年のJT(Japan Tabaco)の
全国たばこ喫煙者率調査では

 

約2000万人もの喫煙者が
日本にいるという結果でした。

 

これだけの喫煙人口がいれば
たばこを吸っている
トレーニーの方も多いと思います。

 

私自身も約1年程前までは
1日一箱は吸っていた喫煙者でした。

 

しかし、値段も上がり
街中でも分煙の為

 

喫煙所が減少したりと
喫煙者の立場が狭くなってきたので

 

良い機会だと思い
禁煙に挑戦中なんです。

 

今回は、喫煙トレーニング
どんな影響を与えるかを

 

私自身が実際に感じた事も
交えながら説明していきたいと思います。


喫煙が与える身体への影響


smoking-main

まず結論から言うと

 

煙草を吸う事によって
身体に悪影響はあると断言します!

 

これは医学的にも
証明されている事が多く

 

癌になるリスクが上がる、
血液の循環が悪くなるなど

 

トレーニーでなくとも
健康被害は出やすくなります。

 

そんな中で、
筋トレや運動を行っている
私たちに深く関係する影響もあります。

その影響は主に2つあります。

 

それは、
持久力の低下
回復力の低下です。

 

タバコの身体への悪影響と聞いて
まず想像するのが、
肺への影響だと思います。

 

肺が真っ黒になっている写真が
様々な場所で
ピックアップされてますよね?

 

そういった写真でも分かる通り
喫煙を続けていると
肺の機能が低下します。

 

肺の機能が低下するという事は
呼吸機能が低下するというのに
結びつきます。

 

呼吸機能が低下すると
最大酸素摂取量が下がるので

 

息があがりやすくなったり、
酸素が十分に取り入れられなくなるので
頭痛がしたり身体が動かなくなります。

 

これらが喫煙の影響を受ける
持久力の低下の原因です。

 

そして、最大酸素摂取量が
下がるという事は

 

身体に取り入れる
酸素の量が減るという事です。

 

血圧の上昇や
血液の循環が悪くなる事により
新陳代謝も下がります。

 

それらは筋肉の成長や
回復に密接に関わっている
成長ホルモンに悪影響を及ぼします。

 

成長ホルモンは
体内の酸素を取り込む事で
効率よく働くので

 

取り入れられる
酸素の量が減るのは

 

トレーニング後の超回復
大きなマイナスとなります。

 

また、血管の収縮により
血液の循環が悪くなるので

 

身体のだるさが取れないなどの
体調不良などにも
タバコの影響があります。

 

さらに、たばこの煙に含まれている
ニコチンは覚せい剤と同じ仕組みで

 

脳、神経を刺激するため
依存性がとても強いのです。

 

この刺激に脳が慣れてしまうと
興奮しにくい身体になってしまう為

 

瞬発的な力を必要とする
ハードトレーニングやスポーツで

 

本来の力が
発揮出来なくなってしまうのです。

 

また、外見にも変化を
与える場合もあります。

 

たばこをくわえて吸う。

 

この動作を日常的に行うと
ほうれい線のしわが目立ち、

 

ふけ顔になる事も
最近分かってきています。

 

ここまでたばこを吸う事で身体に生じる
デメリットしか書いていませんが

 

正直、たばこを吸う事で得られる
メリットは無い!と考えています。

 

せいぜい、一時的なストレス発散、
毎日のルーティーンである

 

たばこを吸うという行為をして
精神的に落ち着くくらいのものです。

 

なので、もし少しでも身体の為に
禁煙を考えているのであれば
直ちに禁煙に取りかかるべきです。

 

たばこをやめる方法は
いくつもありますが

 

私や、身近な友人で禁煙を成功させた
おすすめの方法をご紹介します。

 

おまけ程度なので
参考にしてみようと思う方だけ
試してみてください。


本気で禁煙したい方だけ!おすすめの禁煙法


禁煙をするうえで一番大事な事。

 

それは、本当にやめたい!
と思う強い気持ちと気合いです!

 

こんな事を書くと
お医者さんから反感を買いそうですが

 

実際、自分個人との戦いなので
自分に甘えてしまおうと思えば
いくらでも甘えられるのです。

 

最近では禁煙外来や
吸いたいと思う気持ちを

 

軽減してくれる薬など
様々な禁煙道具が発売されています。

 

私もまだ禁煙してから
一年程ですが

 

その前にも何度も
禁煙に挑戦してきました。

 

禁煙パイポをくわえてみたり
ベイプと呼ばれている
水蒸気にフレイバーが付いているものなど

 

数多くの禁煙に効果があると
噂されているものを購入し試してきました。

 

しかし、どれだけ道具を揃えても
周りの友人がたばこを吸っていたり

 

外食した際、
食後の一本だけなんて
自分に甘えていたせいで

 

一向に禁煙が出来ませんでした。

 

そんな時、同じ時期から
禁煙に取り組んでいた友人が

 

禁煙に成功しているのを目の当たりにし
成功の秘訣を聞いてみたのです。

 

すると返ってきた答えは
とても淡白なものでした。

 

やめるって決めたから。
それで吸ったら格好悪い。

 

この言葉に自分の尻を
思いっきり叩かれた気持ちになりました。

 

この友人がやめた際に
行った行動をまとめます。

 

1・今持っているたばこは
変に捨てたりせず最後まで吸う。

 

2・煙草をやめたタイミングで
ボトルガムを買い
吸いたくなったらガムを噛む。

 

3・たばこを吸いたくなった時に
その気持ちを声に出さない。

 

4・禁煙道具などには一切手を出さない。

 

5・周りに禁煙しているというアピールをしない。

 

6・トレーニングや運動を継続的に行い
たばこをやめた事で得られる効果を
気のせいでも良いから感じる。

 

こんな具合で取り組んでいました。

 

この中でも私が
とても効果的だと感じたのは

 

3、4、5の項目です!

 

吸いたいという気持ちを声に出すと
身体はその気持ちに
自然に答えようとしてしまいます。

 

周りの友人とも禁煙の
途中経過などを話すのも

 

自分の意志が弱くなるので
おすすめしません

 

そして禁煙道具を使用するというのは
まだ、気持ちのどこかで

 

禁煙するという事に迷いが
生じている証拠だと思います。

 

ここに書いている事は
ほとんど医学的根拠もない事ですが

 

効果はあり、正しい事だと思っています!

 

精神論、根性論ばかりですが
やはり、先ほどお伝えした様に

 

自分の意志でやめると決めたからには
自分一人で頑張らなくては
本当の禁煙にはならないと思うのです。

 

そしてトレーニーの方々は
禁煙する事で得られる
メリットを存分に感じて欲しいのです。

 

たばこを買っていたお金を貯金して
トレーニング器具を揃えてみる!

 

なんていうのも
面白いかもしれませんよ?

 

まだ禁煙する事に
踏み切れないでいる方に

 

1日、2日でも
禁煙のメリットを
実感出来る方法をお教えします。

 

これは、毎日寝る前に
たばこを吸う方に
特に効果がある方法なんですが、

 

寝る前のその一服をやめて
代わりに、コップ一杯の水を
飲んで寝てください。

 

翌朝の目覚めが確実に違うはずです。

 

今まで起きた際に
身体のだるさを

 

感じていたと思いますが
軽減されているはずです。

 

禁煙にあと一歩を
踏み出せないでいる方は

 

この方法を試して
禁煙への挑戦の
第一歩を踏み出してください!

 

ここまで書きましたが
喫煙している方が悪いというつもりは
一切ありません!

 

現に私も禁煙の途中段階にすぎません。

 

しかし、トレーニングに取り組み
みなさんに
ご紹介させていただく立場としては

 

デメリットはなるべく減らして
効果的なトレーニングライフを
送っていただきたいので

 

今回はこの喫煙の及ぼす影響を
みなさんに知っていただきたかったのです。

 

それでは、
長くなりましたが以上です。

 

本日も
最後までお読み頂き有難う御座います。

 

疑問点やもっと詳しく知りたい部分、
オススメの食事やサプリなど

 

気になることがありましたら
トップページの【コンタクト】
よりお気軽にご連絡ください。

 

別途でアドバイスさせていただきます。

 

p.s.

是非一度読んで頂きたい、
こちらのページの⇒はじめに

 

このサイトの目的、
趣旨について書かせていただいてます。

 

初めてこのサイトを知ったという方は一度、
目を通しておいて頂けると嬉しいです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る