【継続こそ最大の武器】パフォーマンスアップの効く体幹トレーニング!

 

どうも、OZ(オズ)です!

 

最近、雑誌やテレビなどで
数多く取り上げられていて、

 

何かと話題の
クロスフィットなどの
ハードトレーニング

 

鬼トレなんて呼ばれ方もしていますが、
その話題性に興味を持って

 

挑戦してみようと考えている方も
多くいると思います。

 

しかし、私の個人的な考えでは
どんなにスケーリングと呼ばれる方法で

 

体力や年齢によって
レベル分けをしたとしても、

 

クロスフィットなどの
ハードトレーニング

 

トレーニング初心者
長い間、運動から遠ざかっていた方には
負担が大きすぎると感じています。

 

そもそも、クロスフィットなどの
ハードトレーニング

 

アメリカなどの筋トレ先進国から
各スポーツブランドやジムが

 

話題性の強さに着目し、
イメージチェンジの為に

 

輸入し発信した事から
現在の人気に繋がっています。

 

なので、筋トレの文化が浅い
日本人向きのトレーニングとは
言いにくいのです。

 

しかし、アメリカなどの
筋トレ先進国に追いつく為には

 

日本人も最低限
同じレベルのトレーニングを
行わなければならないのも事実です。

 

なので、私個人の考えは、

 

最初の基本的な身体を
しっかりと作り、準備してから

 

クロスフィット
ストリートワークアウトのような

 

ゲーム性のあるハードトレーニング
挑戦して欲しいと考えています。

 

そして、その基本的な身体作りに
欠かせないトレーニングが

 

以前もご紹介させていただいた、
体幹トレーニングです。

 

今回の記事を読む前に、
是非一度読んでみてください!
【身体のコアを鍛えよう!】パフォーマンスUPの為の体幹トレーニング

 

ハードトレーニングには

 

優れた筋肉、瞬発力などが
必要とされていますが、

 

それらは全て身体のであり
となっている

 

強靭な体幹があってこそ
力を発揮するのです。

 

一時的なブームで風化せずに

 

今なお、数多くのトレーニーや
プロのスポーツ選手に愛されている

 

体幹トレーニング
重要性をしっかりと理解し、
全てのパフォーマンスアップに繋げましょう。


本物の体幹を手に入れる為に重要な事は!?


継続が何よりも大事な筋トレですが、
数多くあるトレーニングの中でも

 

継続しにくく、
飽きやすいトレーニングが
体幹トレーニングだと私は考えています。

 

それはなぜか?

 

日々、トレーニングを
続けていく中で

 

体幹トレーニングというのは
肉体の変化がとても分かりづらいからです。

 

筋トレのモチベーションを保つ上で
日々肉体が変化していくのは
何よりも嬉しい事です。

 

しかし体幹トレーニングで鍛えるのは
基本的に、身体の内側の筋肉です。

 

なので、変化が分かりやすい
高重量の器具を使用したトレーニング

 

比較的変化が分かりやすい部位である
腕などを鍛える時間
多くなってしまいがちです。

 

もちろん、それらのトレーニングも
筋トレを続けていく中でとても重要です。

 

私自身も腕が太くなった
周囲の友人に気づかれると

 

素直に嬉しいですし、
それだけでモチベーションが上がります。

 

今回この場で伝えたい
本物の体幹を手に入れる

 

唯一無二の方法は
単純に継続する事なんです。

 

高重量の器具を使ったハードな
トレーニングを行ったとしても

 

それを継続しなければ
肉体の変化は得られません。

 

身体のコアである体幹も同じ事で
身体の内側の筋肉なので
変化が分かりづらいですが、

 

継続する事で、
確実に成長します。

 

私は、自身のパフォーマンス
向上を図るには

 

身体の中心でもある
体幹を鍛える事が必須だと考えています。

 

誰にでも出来る事をするというのは
実際にやってみると、
とても難しい事なんです。

 

なので、この記事に
目を通していただいているみなさんには

 

自分に負けない強い精神力で
トレーニングに臨んでいただきたいと
願っています。

 

肉体の変化は
分かりづらいかもしれませんが

 

体幹を鍛える事で、
必ず、あなたのパフォーマンスは上がります。

 

それでは、
あなたのパフォーマンスを
最大限引き出す

 

体幹トレーニング
実践していきましょう。


キープするだけが体幹トレーニングではない!!


IdoPortal-GQ-17Mar15-pr_b_1083x658

 

以前ご紹介した体幹トレーニング
数ある体幹トレーニングの中でも

 

本当に基本的な
キープメインのメニューです。

 

今回は一段階レベルアップの
”動”を取り入れた次の3つのメニューです。

 

・エルボープランク

・バーピー

・Vステップタッチ

 

これらのメニューを1セット1分で行います。

 

動きが加わる為
キープよりも姿勢を注意してください。

 

・エルボープランク

 

参照元:ShytownFitness

 

まず、プランクと呼ばれている
肘をついた腕立て伏せの体勢をとります。

 

その体勢から片腕ずつ
肘のあった位置に手をつき、
もう片方も同じ様に手をつきます。

 

そうすると、腕立て伏せの
基本の準備姿勢になると思います。

 

そしてまた片腕ずつ
プランクの姿勢に戻します。

 

腕をつく際に出来るだけ
身体をひねらない様に
意識しましょう。

 

・バーピー

 

参照元:Funk Roberts

 

直立姿勢(真っすぐ立つ)から、
手をつきながら膝を曲げます。

 

膝を曲げた状態から
さらに腕立て伏せの
準備姿勢になります。

 

そして、胸に向かって膝を引き
再び直立姿勢に戻ります。

 

腕立て伏せの準備姿勢になった際に
しっかりお尻を落として

 

身体が真っすぐになるよう
意識しましょう。

 

・Vステップタッチ

 

直立姿勢から左右前方45°、
脚を踏み出してギリギリ届く位置に
何か目印を置きます。

 

その目印めがけて
右側なら右足を、
左側なら左足を踏み出します。

 

そして、踏み出した脚とは
逆側の手で目印にタッチします。

 

出来るだけ背筋を伸ばし、
軸足の膝は
床に着かない様にしましょう。

 

これらの運動を
常に体幹を意識しつつ

 

なるべく素早く、
正確に行いましょう。

 

これらの”動”体幹トレーニング
体幹のみならず、
心肺機能の向上も期待できます。

 

”静””動”

 

これら2種類の体幹トレーニング
継続して行い、

 

みなさんを高みに
連れて行ってくれる
パフォーマンスを
自らの手でつかみ取って下さい!

 

 

それでは、
本日は以上になります。

 

今回も、
最後までお読み頂き有難う御座います。

 

 

疑問点やもっと詳しく知りたい部分、
オススメの食事やサプリメントなど

 

気になることがありましたら
トップページの【コンタクト】
よりお気軽にご連絡ください。

 

別途でアドバイスさせていただきます。

 

p.s.

是非一度読んで頂きたい、
こちらのページの⇒はじめに

 

このサイトの目的、
趣旨について書かせていただいてます。

 

初めてこのサイトを知ったという方は一度、
目を通しておいて頂けると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る