【器具なし!自宅で出来る】太く逞しく腕にする筋トレ方法

どうもOZ(オズ)です!

 

衣替えの時期で肌の露出が減りつつありますが、
これからの寒い季節こそ太く逞しい腕にして、

ジャケットやセーターなどを
かっこ良く着こなしたいですよね?

 

今回ご紹介するトレーニングは、
自宅のわずかなスペースちょっとの気合があれば

 

外国人に引けを取らない太く逞しい腕 を
手に入れることのできる内容になっています。

 

それも、
ダンベルやチューブなど一切の器具を
使うことなく取り組むことができる為

 

この記事を最後まで読んでいただければ、
あなたもすぐに始めることができます!

 

それでは、
早速行ってみましょう!


腕を太くするなら、上腕三頭筋を鍛えよう!


この上腕三頭筋という言葉、
あなたはご存知でしょうか??

 

もしかしたら初めて聞いた、
あるいは聞いたことはあるけれど
詳しくは知らないかもしれません。

 

腕(上腕筋)には主に、
上腕二頭筋上腕三頭筋があり

 

上腕三頭筋とは、その名称通り
上腕二頭筋よりも大きな筋肉になります。

 

事実、

上腕三頭筋は
腕の筋肉の3分の2を占めており、

 

腕を太くするには
上腕三頭筋を鍛えた方が
間違いなく効率がいいんです。

 

それにもかかわらず、
世間の知名度では、

 

腕の筋肉=力こぶ

 

といった認識が圧倒的に多く、
上腕二頭筋の人気は計り知れません。

 

その影響からなのか、
上腕二頭筋だけしか鍛えない日本男児が急増し

 

それに比例して、

一生懸命筋トレしているにも関わらず、

腕が一向に太くならない
筋トレ難民も増え続けています。


上腕二頭筋だけを鍛えていても腕は太くならない!?


まず始めに結論から言うと、
上腕二頭筋だけを鍛えていても腕は太くなりません。
(あくまでも見た目の観点からです)

 

『筋肉は張っているのに、見た目があまり変わらない。』
『筋トレを頑張っているのに、周りの人間に気づいてもらえない。』

もしあなたが過去に、

腕を太くするのに腕立て伏せや
ダンベルなどで鍛えていたとしたら
こんな経験をしたことがあるかもしれません。

 

なぜならこのような
トレーニング方法は腕を太く見せるには、
あまり効果的な方法とは言えないからです。

 

では、一体どうすればいいのか?

 

お待たせ致しました!

誰でもすぐに始めることのできる
トレーニング方法をお教えします。

 


腕を太くする為のトレーニング【逆腕立て伏せの方法と注意点】



【逆腕立て伏せ】

地味な名前ですが想像以上に効果的です。

 

順に説明していきますね!

1.まず始めにイスなど膝の高さ程の台を用意します。
(もちろん自宅にあるイスで大丈夫です)

 

2.台に背中を向けて立ち、そのまま腰を落として手を台に置きます。

この際、指先の方向に注意してください。

 

指先が横向きだと負荷が十分にかからず
効果が半減してしまいます。

 

必ず指先が前を向くように手を置いてください。

 

3.足を膝が軽く曲がる程度に前に出してください。

 

基本の形はこれで完成です。

 

この体勢のまま、
腕に体重をかけながらゆっくりと肘を曲げます。

 

この時、
肘が外側に開かないように注意してください。
肘が開けば開くほど負荷が逃げてしまうので。

 

また、
曲げた肘を戻す際は腕の後ろ(三頭筋)を意識し
負荷をしっかりと感じながら伸ばしてください。

 

以上になります。

 

たったこれだけです。

 

どうでしょうか?
今すぐにでも始められると思いませんか?

 

この方法をしっかりマスターすれば少しの場所と時間で
あなたも太く逞しい腕を必ず手に入れられます!

 

秋、そしてこれから到来する冬に向けて
一緒に頑張りましょう!

 

実際の動きがよくわかる動画が
ありますので是非ご覧ください。

引用元: Because Fitness

 

疑問点やもっと詳しく知りたい部分、

オススメの食事やプロテインなど
気になることがありましたら

 

トップページの【コンタクト】
よりお気軽にご連絡ください。

 

アドバイスさせていただきます。

 

それでは、
最後までお読みいただき有り難う御座います。

 

p.s.

是非一度読んで頂きたい、
こちらのページの⇒はじめに

 

このサイトの目的、
趣旨について書かせていただいてます。

 

初めてこのサイトを知ったという方は一度、
目を通しておいて頂けると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る