自重トレーニングの最高峰!効果抜群の囚人コンディショニング!

 

どうもOZ(オズ)です!

 

理想の体をデザインする為に、
欠かすことのできない筋トレの一つである

 

自重トレーニング”

 

この自重トレーニングについては、
当サイトでも積極的に取り上げてきました。

 

【参考記事】

【多くの人が間違っている!?】背中に効かせる正しい懸垂のやり方

胸筋を効果的に鍛える正しい腕立て伏せの方法!

【器具なし!自宅で出来る】太く逞しく腕にする筋トレ方法

 

私自身のトレーニングメニューにも
常に自重トレを取り組むようにしています。

 

本日は、
そんな自重トレーニングの最高峰ともいえる
囚人コンディショニングについてお話ししていきます。

 

それでは、早速いってみましょう!


自重トレの最高峰!″囚人コンディショニング”とは?


lever_pushup_1sm  

この囚人コンディショニングという言葉を
あなたは聞いたことがありますか??

 

ここ最近、
筋トレやダイエットに再度注目が集まり
ちょっとしたブームが起きています。

 

そんなブームの中、

 

一部のトレーニーの間で
密かに話題になっているのが
この囚人コンディショニングなんです。

 

囚人コンディショニングとは、

 

簡単に言うと
アメリカの囚人が刑務所内で行っている
トレーニングの事です。

 

よく海外ドラマやドキュメンタリー番組で
アメリカの囚人をみると
みんなやたらとガタイがいい。

 

あなたも、アメリカの囚人といえば
なぜかガタイのいいムキムキの人
イメージしませんか??

 

ですが、
基本的に刑務所内にジムはありません。

 

そんな環境の中で
囚人たちが独自に考え出して

 

取り組んでいる
トレーニング方法のことを

 

囚人コンディショニングと呼びます。

 

この囚人コンディショニングは
主に以下の6つの種目に分かれています。

 

・プッシュアップ(腕立て)
・プルアップ(懸垂)
・逆立ち腕立て伏せ(肩)
・ブリッジ(背筋)
・レッグレイズ(腹筋)
・スクワット(下半身)

 

これらすべての種目を、
己の体重や比較的どこにでもある身近なもの
(イスや机、壁や鉄棒)のみを使用し行います。


囚人コンディショニングの気になる効果と取り組み方。


さて、
囚人コンディショニングが、
上記でご紹介した6つの種目に分かれており

 

基本的には自分自身の体重のみで行う
”自重トレーニング”であるということは
お分かりいただけたかと思います。

 

そして、誰もが気になる
この囚人コンディショニング
効果ですが…

 

 

結論から言うと、

 

 

全身を鍛え理想的な体を創造するのに

 

最も効果的なトレーニング方法

 

であると断言できます。

 

また、
この囚人コンディショニング
数ある自重トレーニングの中でも

 

本当に最高峰のものである
といっても過言ではありません。

 

さて、
そんな囚人コンディショニングで行う
6つの各種目はそれぞれ10個のステップで構成されており

 

各種目において、
今の自分に合ったトレーニングを選択して
取り組むことができるようになっています。

 

今のステップができるようになったら、
次のステップへ…

 

このように自分のペースで行うことが
出来るのも魅力の一つです。


囚人コンディショニングの具体的なトレーニングメニューとは?


この画像をご覧ください。

Convict-Conditioning-Progressions-Wall-Chart

※拡大できます。

 

今ご覧いただいた画像は、
この囚人コンディショニング全6種目、

 

各10ステップのトレーニングが
一目でわかる
詳細画像になります。

 

囚人コンディショニングは、
その抜群の効果と人気から

 

″Convict Conditioning”
512iUkqZq1L._SX384_BO1,204,203,200_

という名で書籍化され、
上記の詳細画像もこの書籍で
実際に説明されているものになります。

 

残念ながら、
この本は日本語版での販売はさせておらず
英語版のみでの展開となっております。

 

また具体的なトレーニング動画も
YouTube等、webメディアに載っていますが、

 

1つの種目に付き60分程度の
かなり長い動画になります。

 

一度にすべてを紹介すると
とんでもなく長くなってしまうので、
今回は割愛致しますが、

 

もし興味のある方がいらっしゃいましたら、
YouTubeで“Convict Conditioning″
検索し実際に動画を観てみてくださいね。

 

今回のこの記事では
すぐに始めることができ、

 

6つの種目の中で最も取り組みやすい

 

″プッシュアップ(腕立て)”について

 

ステップ別の動画をご紹介致します。

 

STEP1


STEP2

STEP3

STEP4

STEP5

STEP6

STEP7

STEP8

STEP9

STEP10

引用元:Istuu

 

いかがでしたか??
簡単に取り組めるものから、

 

超人級のものまで、
幅広くあったと思います。

 

先ずはあなたに合ったステップを見つけ、
是非取り組んでみてください。


囚人コンディショニングのメリットとは?


最後に、
自重トレの最高峰

 

“囚人コンディショニング″

 

に取り組むメリットについて
お話ししたいと思います。

 

個人的に、
囚人コンディショニングのメリットは
以下の3つにあると思います。

 

・各種目すべて好きな強度から取り組める。
・場所を選ばず、またお金も掛からない。
・効果があると実証済みのものである。

 

囚人コンディショニングの特徴は、

 

全身を鍛えることのできる
全6種類のトレーニング

 

そして難易度・強度ごとに
10段階ものステップに分かれていることで

 

初心者から上級者まで
本当に幅広い層の方が

 

取り組むことのできる
トレーニング内容になっています。

 

また、刑務所という
限られたスペースと器具しかない状況下で、

 

囚人が生きる為に熟考し編み出した
独自のトレーニング方法なので

 

本当に場所を選ばず、そしてお金も
全くと言っていい程掛かりません。

 

なので、

 

これから筋トレやダイエットを
開始される方にもおすすめできます。

 

そしてなにより、
この囚人コンディショニングは

 

実際に効果があると実証させている

 

トレーニングであるとうことも
大きなポイントです。

 

なぜなら、
アメリカの囚人が刑務所という、
過酷な環境の中で生き抜く為に
実際に取り組んでいる
トレーニングだからです。

 

刑務所内は本当に過酷な所で、
喧嘩や抗争は日常茶飯事のようです。

 

自分の身を守るため、殺されない為にも
囚人にとって体を鍛えることは必須なんです。

 

そんな彼らが、
取り組んでいるトレーニング方法に
効果がないわけがありません。

 

また、囚人コンディショニングは
トレーニング先進国であるアメリカ


書籍化されるぐらいの人気と支持があり
専用のサイトも複数存在するぐらいです

 

もしあなたが
何かスポーツに取り組んでいるのであれば

 

この囚人コンディショニングは間違いなく
パフォーマンスUPにつながります。

 

筋肉・筋力を付けたい、
理想の体を手に入れてい、

 

そんな方の欲求にも
しっかり応えてくれます。

 

もし私が、
どんな筋トレをすればいいか?と聞かれたら、

 

まず最初に勧めるのは間違いなく
自重トレーニングです。

 

そして、
この囚人コンディショニングは

 

自重トレーニングの最高峰であり

 

必ず取り組むべきエクササイズの
1つだと思います。

 

あなたも、
この囚人コンディショニングを
日々のトレーニングに取り入れ

 

一日でも早いゴールの達成を
目指して共に頑張りましょう!

 

長くなりましたが以上になります。

 

囚人コンディショニングについては、
今後も第二弾、第三弾とより詳しく
ご紹介していこうと思っております。

 

是非楽しみにしていてください。

 

それでは、
今回も最後までお読み頂き有難う御座います。

 

疑問点やもっと詳しく知りたい部分、
オススメの食事やプロテインなど

 

気になることがありましたら
トップページの【コンタクト】
よりお気軽にご連絡ください。

 

p.s.

是非一度読んで頂きたい、
こちらのページの⇒はじめに

 

このサイトの目的、
趣旨について書かせていただいてます。

 

初めてこのサイトを知ったという方は一度、
目を通しておいて頂けると嬉しいです。

 

p.p.s

2/27

お待たせいたしました!
囚人コンディショニング第2弾書きました。

目を通していただければ幸いです。↓

最強自重トレ!囚人コンディショニング(囚人トレーニング)【懸垂編】

 

3/17

お待たせいたしました!
囚人コンディショニング第3弾書きました。↓

今回は下半身編です。↓

囚人筋トレ!最強自重トレこと囚人コンディショニング【スクワット編】

 

3/22

お待たせしました!
囚人コンディショニング第4弾書きました。

大人気の腹筋編です。↓

6パックを手に入れろ!囚人コンディショニング【腹筋編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る