囚人筋トレ!最強自重トレこと囚人コンディショニング【スクワット編】

 

どうも、OZ(オズ)です。

 

当サイトで大変人気の高い、
囚人コンディショニング”

 

これまでに【腕てて伏せ編・懸垂編】と
2つの内容についてご紹介してきました。

 

そして、本日は
囚人コンディショニング第3弾として
【スクワット編】に進みたいと思います!

 

さて、
この囚人コンディショニング
どういったトレーニングなのか?

 

これについては、
第1弾・第2弾の記事で詳しく
説明していますので今回は割愛しますが、

 

【関連記事】

自重トレーニングの最高峰!効果抜群の囚人コンディショニング!

最強自重トレ!囚人コンディショニング(囚人トレーニング)【懸垂編】

 

簡単に説明すると、
囚人コンディショニングとは

 

アメリカの囚人
刑務所内で実際に行っている
トレーニングメゾットのことを言います。

 

獄中という限られた環境下で、
主に己の自重のみを使い

全身を隈なく鍛え上げる
トレーニング術のことです。

 

 

さて、
そこで今回ご紹介するのが
冒頭でも触れましたが、

囚人コンディショニングにおける
下半身メニューのスクワット

 

このスクワットを第三弾として
ご紹介していきます。

 

それでは、
早速いってみましょう!


最強の下半身を手に入れろ!囚人コンディショニング【スクワット編】


how-to-perform-a-full-squat-graphics-2
引用:BODYBUILDING.COM

 

先ず、なぜ私が今回の
囚人コンディショニング第三弾
スクワットを選んだかというと

 

上半身に比べ、下半身を
しっかりと鍛えている人が
圧倒的に少ないからです。

 

下半身を鍛えない理由としては、

 

必要性がわからない。

そもそもやりたくない。

キツイのに楽しくない。

自宅トレ・自重だと負荷が足りない。

 

などが挙げられます。

 

ですが、
下半身を無視して
上半身ばかり鍛えていると

 

体のバランスが崩れ、
疲れが溜まりやすくなったり
動きが鈍くなったりと

 

逆にパフォーマンスが
下がってしまう恐れがあります。

 

また、下半身を鍛えることで
得られるメリットもたくさんあります。

 

男性であれば、

 

パフォーマンスUP

筋肉量UP

脂肪燃焼効果

 

女性であれば、

 

脂肪燃焼効果

ヒップUP

きれいなボディーライン

下半身痩せ

 

など挙げらばきりがありません。

 

特に、
この囚人コンディショニング
実際に行うスクワットは、

 

おしり・大腿四頭筋・腹筋
ハムストリング
・腰周り


そして体幹までも
鍛えることができてしまいます。

 

それも自重のみで…。


囚人コンディショニング(囚人トレーニング)【スクワット編】ステップ別動画!


先ずは、
こちらの一覧画像をご覧ください。

 

2c5d703551fedfa42c9dc8e5a9239dad

 

これが、
囚人コンディショニングで実際に行う
スクワットのメニューになります。

 

以前のご紹介した、
囚人コンディショニングの
記事でも触れていますが、

 

画像下段の表は、各ステップの名前と
行う回数・セット数が書かれています。

 

各ステップそれぞれ、
初級・中級・上級
3つのレベルに分かれており、

 

取り組む種目は全部で10種類。
1~10へどんどん進んでいく
ステップアUP式で、

 

難易度や掛かる負荷
キツさなども各レベルで
大きく異なります。

 

例えば、
ステップ5で行う
最もスタンダードな
スクワットですが、

 

初級は5回×1セット
中級は10回×2セット
上級は30回×2セット

 

このようになっています。

 

また、
ステップ10で行う
【上級者編】の内容は、

 

片足スクワット50回×2セット

 

とかなりの難易度です。

 

これだけ細かく、そして幅広く
レベル分けされていれば

 

いきなり負荷が強すぎる。

逆に負荷が足りない。

 

このような悩みは一気に
吹き飛ぶことでしょう。

 

 

では、いよいよ
これから実際に各ステップの
トレーニング動画をご紹介していきます。

 

今回の動画は、
ステップ1~10までを
1本の通しでのご紹介になります。

 

約60分程の長編動画なので、
お時間のある時などに

 

まずは気になる
ステップからでもいいので

 

一度この動画をご覧になり、
ご自身にあったステップ・レベル
見つけ、始めてみてください。

 

音声は英語のみになりますが、
動きを見ていただければ問題なく
理解できますのでご安心ください。

 

STEP1~10


引用元:Strong and Healthy Body

 

 

以上になります。
いかがでしたか??

 

最後のSTEP10の難易度は
なかなかのものだったかと思います。

 

このスクワットの全内容を
完全制覇することができれば、

 

周りも一目置くような存在に
なること間違いなしです。

 

「下半身トレも自重で十分だ!」
きっとそう実感していただけると思います。

 

下半身のトレーニングは、
いきなりウエイトや器具を

 

使って行うと膝や腰、股関節
痛めてしまうことも少なくありません。

 

なので、
主に自身のウエイトのみで行う
この囚人コンディショニング

 

これから下半身トレを
始める方にも非常にオススメです。

 

まずは、怪我なく
この下半身トレに取り組み

 

上半身・下半身共に
隙のない強靭な体を
手に入れましょう!

 

実際に取り組んで頂ければ、
この囚人コンディショニング

 

自重トレの最高峰である
必ず理解していただけるはずです。

 

 

それでは、
長くなりましたが以上です。

 

本日も
最後までお読み頂き有難う御座います。

 

 

疑問点やもっと詳しく知りたい部分、
オススメの食事やサプリなど

 

気になることがありましたら
トップページの【コンタクト】
よりお気軽にご連絡ください。

 

別途でアドバイスさせていただきます。

 

p.s.

是非一度読んで頂きたい、
こちらのページの⇒はじめに

 

このサイトの目的、
趣旨について書かせていただいてます。

 

初めてこのサイトを知ったという方は一度、
目を通しておいて頂けると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る